大注目の「小泉今日子」をまとめてみた!

ノンカテゴリ

大注目の「小泉今日子」をまとめてみた!

小泉今日子(52)の前代未聞の不倫宣言が芸能界を超えて、議論を巻き起こしている。

 2月1日、代表取締役を務める会社「明後日」の公式サイトで大手芸能プロ「バーニング」からの独立を発表した小泉は、俳優の豊原功補(52)について「同じ夢を追う同士」としたあと「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」と堂々と宣言した。これには表裏のない小泉らしい潔い物言いという評価の一方で、豊原に妻子があることから「相手のご家族の気持ちを考えていないと感じられ残念」との意見が一般からは多数あがっている。

 こうした向かい風も、本人は想定した上での行動だったようで、翌2日は舞台の稽古場に殺到する報道陣に「自分の罪は自分で背負っていきます」と胸を張ってみせた。

 その報道陣から「なぜ不倫を公表されたのですか」と質問されると、「文章をちゃんと読んでください。結婚するとかそういうわけではありません。今の事実をお伝えしたく、自分の思いを書かせていただきました」と答えた小泉。ダウンタウンの松本人志(54)はテレビでこう言っている。

「不倫をしていると、それを隠すことなく言いたかったのだけど、それをやっちゃうと事務所の人とかに迷惑がかかる。それで事務所を出て、個人になって(からやった)。それで叩かれるなら、それは覚悟の上ですっていうことですよ」――。

■豊原の個人事務所に並んだ表札

 実際のところ、小泉は1月いっぱいでCM契約がなくなっていたそうで、このタイミングでの発表を前々から準備していた舞台裏が見えてきた。

「東京の恵比寿近くにある豊原の個人事務所の郵便ポストには、かねて小泉の会社『明後日』の表札が並んでいます。約2年前から同じマンションの同じ部屋を使っているのです。写真誌の不倫報道があっても、表札を下げたりしていなかったから、実に堂々としたもんだと思いました。芸能マスコミも知っていたはずですが、どこも取材には動かなかった。小泉が大手の『バーニング』所属だったからなのかと思ったものです」(芸能関係者)

 取材が身辺に及ばなかったのは所属事務所の看板の影響力かどうかは分からないが、今になって不倫関係を自ら公表しなくてもいいようにも思える。だが、小泉は違った。お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(52)はあえて不倫を公表した小泉の胸中をこう推し量った。

「豊原君に『あなたに任せるわよ』って。私たちの関係をはっきりさせましょうっていうのを突き付けたんじゃないか」

 小泉に続いて、豊原も会見で不倫関係を認めた。しかし、別居中の妻子との離婚協議について「どうこうはっきりということにはなってない」「石を投げるなら自分に」とも語り、小泉との再婚に向けて動いているわけでもない状況にあることも明かした。豊原との関係がこうした中途半端なものであることもはっきりさせたかったとすれば、小泉の狙い通りだったに違いない。

■所属事務所に迷惑はかけられない

 とはいえ、自身の発言が原因で向かい風を真っ向から受けて立つことになり、とりわけ主婦や同性からの批判が相次いでいるのである。もう小泉をかばう事務所もない。それでも良しとしているのだろうか。

 小泉を長く知る別の関係者はこう言っている。

「彼女は不倫公表について『人間としてのけじめ』と書いていたが、その思いの強さは確かに分かる。本人も認めている通り、デビューから36年、芸能界のドンの庇護があったからこその小泉今日子であり、半ば活動を休止していたときも毎月、サラリーマンの平均年収並みの給料をもらってきた。サラリーマンの12年分の年収が毎年、あったわけだ。当たり前だが、独立とともにそういう生活保障もなくなる。少なくとも、それを覚悟の上で行動に出たのです」

 こうした小泉の生き方には「世間の常識の二歩先を行く」との特集も組まれているが……。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「歌手業であれ女優業であれ、小泉さんは自分のやりたいように考えて、それを実行されてきました。ただ自分勝手にしていたのではなく、常に事務所と相談し、きちんと調整した上で進めてきたのだと思います。今回も、同じように自分の思いを通す生き方を選択した。しかし、そのために迷惑をかけられないと、所属事務所からの独立という道も選んだ。必ずしも世間に受け入れられないことも承知の上だったと思います。それでもご本人にとっては言わねばならないことだったのでしょう。今後はそんな自分の思いを受け入れてくれる人と活動していこうという決意がうかがえます」

 不倫の罪と罰。全ては覚悟の上とはいえ、向かい風が強くなるのはこれからだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

小泉今日子が”豊原功補の家族”について激白!!その言葉とは…

小泉今日子 木枯らしに抱かれて (1987)

Kyon2 001 小泉今日子   ~私の16才~ヒットメドレー~

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ