噂の「松田瑞生」を調べた結果!

ノンカテゴリ

噂の「松田瑞生」を調べた結果!

明るいだけでは五輪の舞台には立てない。

 28日の大阪国際女子マラソンは、昨年の世界陸上女子1万メートル代表の松田瑞生(22)が2時間22分44秒で優勝。初マラソンをぶっちぎりで制し、20年東京五輪代表選考会となる19年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得した。

 レースは25キロすぎに、大阪薫英女学院時代の1年後輩になる前田穂南(21)が飛び出す。31キロ手前で松田が追いつき、そのまま抜き去ると、後は独走となった。

 レース後、松田は「トップに並んで、上り坂がキーポイントになると考えていた。そこでしっかり勝負をかけることができた。夢は東京五輪出場なので、そこへ向けてしっかり練習を積みたい。ありがとうございました。イェーイ!」と言ってVサインを見せた。

 大阪出身で鍼灸院を営んでいる母親同様、性格は非常に明るい。毎日1時間以上の腹筋トレーニングを欠かさず、長距離選手とは思えないほどの割れた腹が自慢。「東京五輪に出ることが親孝行」と言う「浪速の腹筋娘」は、このまま女子マラソン界のエースになれるのか。陸上ジャーナリストの菅原勲氏が言う。

「初マラソンでの優勝は立派ですが、問題はこの先です。例えば、前田彩里(26)は2度目のマラソンだった15年名古屋(2時間22分48秒)で優勝したが、その後はさっぱり。初マラソンで17年名古屋(2時間21分36秒)に勝った安藤友香(23)も、今回は2時間27分台の3位と期待を裏切った。初マラソンで独走勝ちの松田も今後に不安を残す。先週のドバイマラソンではエチオピアの4人が2時間20分を切っている。海外のレースに積極的に参加して、アフリカ勢のペースや終盤のスピードアップなどを体験するべきです」

 それにしても解せないのは五輪本番との「ギャップ」だ。この日は雪が舞う極寒のコンディションで行われたが、東京五輪のマラソンが行われるのは8月2日(女子)、9日(男子)だ。

「東京五輪は暑さ対策が重要です。代表候補を冬のレースで絞り込み19年9月以降のMGCで決めるというのは、やはりおかしい。代表が正式決定してからの強化では限界がある。マラソン選手強化の瀬古(利彦)リーダーはその点を明確にするべきです」(前出の菅原氏)

 日本代表が東京の暑さに負けるのは恥ずかしい……。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

大阪国際女子マラソン2018

松田瑞生が三つ巴からの鈴木亜由子との一騎打ちを制し、世界陸上ロンドン代表内定1号に!

日本陸上競技選手権2017 女子10000m決勝

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ