マリファナとJK 妊娠騒動

ノンカテゴリ

マリファナとJK 妊娠騒動

その後、少女Aとなる生徒は、卒業していき、私を待ち受けていたのが

報復ともとれる人事だった。私の希望は全く無視され、困難校への異動が確定する。

臭いものには蓋をしなければならない。誰もが思い出したくもない不祥事。

本校から麻薬?その事実を闇にほうむり去るには、その時の担任を動かせばいいのは

誰でもわかることだろう。

新任式を迎えるため、廊下に並んでいた私に一人の女の子が話しかけてきた。

なんと後、少女Aと勘違いしていた、生徒の妹だった。

これには驚いた。因果応報まだ事件は終わっていないのである。

その女の子は、体格も良く、笑顔で姉がおせわになりました、と言って

踵を後にした。私は1年生の担任になったが、その子は2年生、教えることもなかったが

廊下ですれ違う度に笑顔で話かけてくれ、私はその笑顔に救われる思いをしたものだ。

クラスはどのクラスも荒れ、毎週のように問題行動が起こり、その対処にかなりの

時間を費やした。睡眠障害はもう1年以上続いていたことになる。私の身体は限界

に達していた。


ある事件が起こった。2人とも恵まれた境遇にないため、2人が付き合っていると

知ってはいたが、予想通りのことが起こった。

女の子の妊娠である。

2人は産むと言って聞かなかったが、学校も保護者も堕胎を勧めた。

私は男の方に責任を取るにはどうすればいいのか、

長い時間を使い話あったが、

私は2人とも退学して、貧しくとも産むべきではないかと思っていた。

学校と保護者の考えと相反したが、私の思いは通じなかった。

16歳に子どもを育てるのは無理だと判断され、堕胎。

2人とも退学。私の張り詰めていた糸はぷツンと音を立てて崩れ、

私は学校に行くのを拒否ではなく、行けなくなった。

9月の半ば位だった。

それから1年半休職。

1年半後に復帰することになるのである。

なぜ大麻は禁止? 堀江貴文「警察利権」 八代弁護士「コーヒー程度の害しかない」

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

新着記事